dengimorishanmpoo

育毛シャンプー:秋の抜け毛

育毛シャンプー:秋の抜け毛

秋は抜け毛で悩む人が多いと言われますが、それはなぜでしょうか?
夏は1年を通じて発汗の多い季節です。
かいた汗が皮脂に吸収され、水分が蒸発して、皮脂に塩分が残ります。
塩分は固まりやすい性質があるため、夏は皮脂が硬くなりやすいのです。
そして、皮脂の分泌と固まることの繰り返しで、皮脂が大きな塊となってしまうのです。
また、夏の強い紫外線によって頭皮は痛みやすくなります。
このように、夏に硬くなった皮脂のため栄養が髪に行き届かなくなり、痛んだ頭皮の影響で、秋は髪が抜けやすくなるのです。

もちろん、誰でも秋に抜け毛が増えるわけではありません。
秋に髪が抜けやすくなる可能性のある人は、汗をよくかく人・夏に紫外線をよく浴びるような仕事やレジャーをした人・紫外線に弱い人・脂症やフケ症の人などです。
秋の抜け毛を防ぐためには、頭皮の清潔を保つことです。
育毛シャンプーなどで頭皮の清潔を保ち、秋の抜け毛を防ぎましょう。
急な秋の抜け毛がはじまったら、放っておくと抜け毛が増えてしまいますので、そのままにしないで、育毛シャンプーで頭皮を健康にして、大切な髪を守ってください。

また、秋に抜け毛に悩まないよう、夏は帽子をかぶるなどの対策で頭皮の日焼けを防ぎましょう。
汗をかいたらシャワーをあび、すぐに汗をふきとるなどの対策も必要です。
野菜や果物を多く摂りましょう。

秋の抜け毛は自然と治る人もいますが、そのままヘアケアを怠ると抜け毛が続いてしまう人もいます。
体の健康を保つように、髪の健康にも注意して、抜け毛を防止してください。

posted by 育毛シャンプー at 13:00 | | 毛髪について

育毛シャンプー:皮脂の役割

育毛シャンプー:皮脂の役割

育毛シャンプーは頭皮の皮脂を取りすぎずに洗うことができるシャンプーです。
育毛シャンプーの効能のように、頭皮の皮脂は過剰ではいけませんが、少なすぎてもいけないものです。
皮脂にはどのような役割があるのかを説明しましょう。

皮脂とは、皮膚の表面で脂と汗が交じり合ってできる、薄い膜のことです。
この皮脂は、肌をなめらか、かつ、つややかに見せます。
そして、皮膚から水分が必要以上に蒸発するのを防ぎます。
皮脂の成分である脂肪酸は、細菌の感染を防止します。
皮脂が少ないと、皮膚はかさかさになり、敏感肌、皮膚炎の原因になってしまします。

頭皮は体の中で一番皮脂を出す腺が多い場所です。
なんらかの原因で皮脂が過剰になると、毛穴が詰まって脱毛につながります。
皮脂は脂なので汚れや古い角質と交じり合うと毛穴を詰まらせます。
それが、額や顔ならばニキビの原因となり、頭皮だと脱毛の原因にもなるのです。

健康な髪を保つには、この皮脂をうまくコントロールすることが大切です。
生活習慣を見直し、健康な体を作ることが、正常な皮脂の量を保ち、健康な髪を作ることにつながるのです。
また、過剰なシャンプーは、皮脂を取りすぎて、それを補おうと過剰な皮脂の分泌にもつながります。
皮脂を取りすぎないように気をつけた洗髪も、心がけてください。

育毛シャンプーを使って、頭皮の状態を健康にしておく必要があるのです。
年齢によっても皮脂の分泌量は変わります。
自分の肌の状態を把握し、その状態に合った育毛シャンプーを使い、健康な頭皮を保ってください。

posted by 育毛シャンプー at 13:00 | | 育毛シャンプー

育毛シャンプー:育毛のための食生活

育毛シャンプー:育毛のための食生活

薄毛や抜け毛対策で育毛シャンプーの利用は大切です。
しかし、育毛シャンプーだけでは対策は不十分です。
まず、食生活などの生活習慣を大切にしなければなりません。
育毛のための食生活について考えていきましょう。

正しい食生活は、髪だけでなく体全体の健康維持にとても重要です。
髪に栄養を与え、髪が健康になるような食生活を送ることが必要です。
しかし、髪に良いとされる栄養素ばかり大量に摂っていてもいけません。
大切なのは、栄養バランスのよい食事を毎日規則正しく摂ることが大切なのです。

タンパク質は、髪を作るアミノ酸の素ですが、たくさん摂ればそれでいい訳ではありません。
豆腐や玄米、イモ類など植物性の良質なたんぱく質を摂りましょう。
動物性たんぱく質は、摂りすぎると逆に内蔵の負担になるので、摂り過ぎないように気をつけてください。

そして、タンパク質は、アミノ酸の分解後、再び合成されるためには、ビタミンB群が必要です。
また、他のビタミン群も髪を作るためには必要ですので、緑黄色野菜をしっかり摂りましょう。
サラダでは、量を多く摂ることが難しいので、煮物や炒め物などにして塩分などの摂りすぎに考慮しながら、しっかりとビタミンを補給しましょう。

また、イモ類、ゴボウ、蓮根など根野菜を食べて、ミネラルもしっかりと摂りましょう。
海藻類は腸内環境を整えます。
果物はビタミンCをたっぷり摂ることができます。
鉄分不足にも気をつけましょう。
体のためにも、髪のためにも、栄養補給はとても大切なことなのです。

posted by 育毛シャンプー at 13:00 | | 育毛のための食生活

育毛シャンプー:日本毛髪協会

育毛シャンプー:日本毛髪協会

2001年12月4日に、毛髪業界のさらなる発展を目指して日本毛髪業協議会が設立されました。
2003年6月30日に法人化し、それと同時に名称が変更され、日本毛髪協会となりました。

日本毛髪業協会は、髪に関わる事業の内、かつら・増毛・育毛事業を主体として活動する事業者、関連事業に携わる事業者が対象です。
協会の会員は、アデランス・アートネーチャー・スヴェンソン・テクノヘア・東京義髪整形・バイオテック・フォンテーヌ・プロピアです。
協会では、毛髪業界の取引に関するガイドラインがあります。
営業基準としては、重要事項説明書の交付、消費者への情報提供の際に誤認・誤解をさせる行為、不退去、強要、監禁を禁止しています。
契約の締結の際の基準では、契約書の記載事項、8日間のクーリング・オフ、中途解約についての精算方法があります。
広告では、診断・クリニック・必ず生える・完全など、医療法に抵触するような用語や消費者トラブルになる要因になる用語の使用を禁止しています。

このように、毛髪業界では、商品やサービスに関するガイドラインが定められています。
育毛などのサービスを利用するときには、日本毛髪協会の業者かどうか、ガイドラインに沿った契約がなされているかどうかを確かめることも、安心してサービスを受ける目安となります。
育毛シャンプーを選ぶ際も、表示や使い方をしっかり確認するように、利用する事業者が、どのような業者なのかという確認も大切です。
育毛シャンプーも事業者も、健やかな髪を育むものを選びましょう。

posted by 育毛シャンプー at 13:00 | | 日本毛髪協会

育毛シャンプー:くせ毛の原因

育毛シャンプー:くせ毛の原因

直毛と比べ、くせ毛は毛穴が頭皮の中で少しカーブして、毛根部分はその毛穴の曲がったところに位置しています。
毛母細胞で作られた髪が頭皮上に押し出される時に、そのカーブした毛穴を通るため、頭皮を出た時に曲がってしまい、くせ毛となるのです。
くせの度合いは、毛穴の曲がり具合により変わります。
また、毛穴は無数にあるため、まっすぐのものとカーブしているものが混在しています。
毛根の位置は遺伝することが多いので、親がくせ毛の場合、子どももくせ毛になる傾向が強いです。

最近はダメージ、ストレス、毛穴のつまりによって、くせ毛の悪化になるケースも増えています。
皮脂の汚れで毛穴がふさがれて、毛穴の形がいびつになり、毛穴から出てくる柔らかい毛髪がいびつな形の毛穴によってゆがんでしまうことがあるのです。
毛穴に汚れが詰まってしまう原因としては、新陳代謝が悪くなって皮脂などの汚れが残る場合と、シャンプーやリンスをよくすすいでないために毛穴に残ってしまう場合があります。
くせ毛専用のシャンプーであっても、コーティング剤などが毛穴に残ってしまうと余計にくせがひどくなりかねません。

髪だけでなく、頭皮も大切にすることがくせ毛を防ぐことになるのです。
育毛シャンプーなどで頭皮も髪も大切にして、大事な髪を守りましょう。
くせ毛がひどくなっている、と感じる人は、今使っているシャンプーを見直してみましょう。
そして、自分に合った育毛シャンプーを見つけてください。

posted by 育毛シャンプー at 13:00 | | 毛髪について

育毛シャンプー:植毛

育毛シャンプー:植毛

育毛とも発毛とも違う、植毛についての説明をしましょう。

植毛とは、字の通り毛を、毛が薄くなった頭皮に植えつけることです。
植毛の技術は日本で生まれました。
頭皮に毛を植えて毛根を再生させる技術なので、植毛は育毛や発毛とは違い、医療行為となります。
ここでは、一番安心な自毛植毛による、手植え植毛の方法について述べます。

男性ホルモンの影響を受けず薄毛になりにくい後頭部などの髪を、薄毛の部分に移植するのが自毛植毛です。
頭頂部が薄くなった人でも、後頭部の髪は薄毛になりにくく残っているものです。
その後頭部の髪を幅1cm、長さ6cmほど皮膚ごと切り取ります。
切り取った後の後頭部部分は縫合して、周りの髪に隠れて、切り取ったことがほとんどわからなくなります。
切り取った髪は移植手術にふさわしい大きさに切り分け、1本ずつ手植えで移植していきます。
しばらくすると移植した髪は抜け落ちますが、毛根は生きているため、半年後には健康な毛を再生させます。
上手く定着すると、もともと脱毛しにくい部分を移植してあるため、一生伸び続けます。
手作業なので、きめ細かい作業ができて、現在スタンダードな植毛技術となっています。

育毛シャンプーでも効果がないような場合には、このように植毛という選択肢もあります。
価格は30万〜50万、場合によっては100万円前後かかります。
また、植毛は髪だけでなく、眉毛・ヒゲなどにも施術されています。
育毛シャンプーや育毛剤、かつら、植毛など、メリット・デメリットを考えて自分に合った方法を選んでください。

posted by 育毛シャンプー at 18:05 | | 植毛

育毛シャンプー:ヘナ商品でのトラブル

育毛シャンプー:ヘナ商品でのトラブル

植物染料であるヘナは、ミソハギ科の低木で、このヘナを使用した染毛料には、葉を乾燥・粉砕したパウダー状のもの、クリーム状のもの、シャンプーなどがあります。
ヘナだけで染毛すると淡赤から淡褐色となります。
このため、ヘナだけでは黒く染色はできず、日本人の白髪染めとしての効果はほとんどありません。

2007年に国民生活センターで、ヘナ配合をうたったケミカルヘナやブラックヘナなどの表示のある商品の中には、医薬部外品でないのに酸化染料が含まれているものがあると発表しました。
テストした商品のなかには、一般的な染毛剤と比べ比較的高濃度のものと同程度、酸化染料が配合されていたものがあります。
また、人毛かつら用、雑貨品などの表示があるにもかかわらず、頭髪に使用すると受け取れる表示のある商品もありました。
これらの商品は、医薬部外品の個別承認を受けていなかったため、薬事法に抵触すると考えられました。

また、頭髪に使用する毛染め商品で、化粧品に分類されるものは成分をすべて表示しなければなりません。
しかし、このテスト商品の中には、酸化染料が検出されたにもかかわらず表示されていなかったので、成分表示に問題があることがわかりました。

このように、表示方法が間違っていたり、法律に違反するような商品も存在します。
人毛かつら用の商品は毛髪には使用できません。
また、ヘナの表示があってもこのように酸化染料が配合されているものも販売されているため、注意が必要です。

ヘナ商品だけに限らず、育毛シャンプーなど人体に触れるような商品は使用説明をよく読み、おかしいと感じたときには、消費者センターなどに相談することが大切です。
育毛シャンプーなどを使用して、かぶれなどアレルギー反応が出た場合には、すぐに使用を中止してください。

posted by 育毛シャンプー at 15:38 | | ヘナ商品

育毛シャンプー:ヘアーカラーリングのかぶれについて

育毛シャンプー:ヘアーカラーリングのかぶれについて

ヘアーカラーリング剤の、医薬部外品にあたる染毛剤である白髪染めやおしゃれ染めなどの酸化染毛剤は、髪にしっかりと色を定着させて色持ちが良いのが特長です。
しかし、人によってこのヘアーカラーリングが原因でかぶれを起こすことがあります。
これは、主成分である酸化染料が原因になって、アレルギー反応が起こるのです。
一度、酸化染毛剤でかぶれた人は、体内に抗体ができてしまうので、次に使用した場合にもっとひどいかぶれが起こります。
これは一生続くとも言われます。
そして、今までかぶれたことがない人でも、突然かぶれが出る場合があります。
そのため、酸化染毛剤を使用する前には、これまでかぶれたことがない人であっても、毎回必ずパッチテストをしてください。
これまで何度も毛染めをしてもかぶれたことがないと安心してはいけません。
体質の変化などで、ある日突然かぶれることがあるからです。

また、永久染毛剤である非酸化染毛剤は、酸化染料は使われていません。
しかし、まれにかぶれを起こす人もいます。
このため、酸化染毛剤と同じように、使用前には必ずパッチテストをしてください。

育毛シャンプーで頭皮を守るように、ヘアーカラーリング剤を使用する際にも頭皮に対する影響を考えて使用してください。
説明書きをよく読んで、きちんとその内容を把握した上で使用しなければならないのは、育毛シャンプーであってもカラーリング剤であっても変わりません。
大切な毛髪や頭皮を、しっかりと守ってください。

posted by 育毛シャンプー at 18:53 | | ヘアーカラーリング

育毛シャンプー:ヘアーカラーリングの種類

育毛シャンプー:ヘアーカラーリングの種類

育毛シャンプーで髪をいたわる人は、ヘアーカラーリングに対してもその種類や髪への影響を知っておきましょう。

ヘアーカラーリング剤には医薬部外品にあたる染毛剤と、化粧品に分類される染毛料があります。
毛髪中で化学反応を伴い発色するものは薬事法で医薬部外品の染毛剤とされていて、酸化染料の量は有効成分ごとに使用時の上限濃度が設定されています。
酸化染料と、半永久染毛料に使われている酸性染料は別のもので、説明書きを見る際に注意が必要です。

染毛剤は永久染毛剤と脱色剤・脱染剤に分けられます。
永久染毛剤はさらに、酸化染毛剤・非酸化染毛剤に分かれます。
酸化染毛剤はヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、おしゃれ白髪染めなどで、一度でしっかり染めあがり、2〜3ヶ月色持ちします。
主成分の酸化染料が毛髪中に浸透して、酸化した染料が毛髪中で結びつき発色し、色を定着させます。
ただし、人によっては配合染料でかぶれるので必ず毎回使用前にパッチテストが必要です。

非酸化染毛剤は、かぶれやすい人が白髪をしっかり隠すもので黒っぽい色のものしかなく、明るい色にはできません。

脱色剤は、毛髪の天然色素(メラニン)を脱色するもので、ヘアブリーチ、ヘアライトナーのことです。
脱染剤は、毛髪の天然色素(メラニン)・染毛による毛髪中の定着した色を脱色します。
通称はデカラライザーです。
脱色剤・脱染剤は酸化染料が配合されていないので、かぶれることはほとんどありません。

染毛料は、半永久染毛料・一時染毛料に分けられます。
半永久染毛料はヘアマニキュアやカラーリンスで、色持ちは2〜3週間です。
ヘアマニキュアは、1度の使用で酸性染料の一部が髪の内部まで浸透し染毛します。
カラーリンス、カラートリートメントは使用していく間に酸性染料が髪の表層部に徐々に浸透して髪を染めていきます。
ただし、永久染毛剤ほどの染着力はなく、毛質によっても異なります。

一時染毛料は洗髪などによって流れ落ちるヘアカラースプレーなどのことです。
着色剤を毛髪の表面に付着させ、一時的に毛髪を着色します。

このようにカラーリング剤には様々なものがあり、かぶれなどのトラブルも多くあります。
必ず、説明書きをよく読んで髪の状態に合わせて使用してください。
育毛シャンプーなどと同様、髪に対する影響を知るのはとても大切なのです。

posted by 育毛シャンプー at 13:58 | | ヘアーカラーリング

育毛シャンプー:抗がん剤と脱毛の関係

育毛シャンプー:抗がん剤と脱毛の関係

抗がん剤治療や、頭部手術で髪を一時的・部分的になくすことは精神的ダメージが大きいものです。
ここでは、抗がん剤と脱毛の関係について説明します。

抗がん剤はがん細胞だけ攻撃するわけではありません。
がん細胞は分裂・増殖の速度が速いため、抗がん剤は分裂の速い細胞を攻撃するように開発されています。
体の中にはがん細胞よりも分裂の速い、血液細胞、胃腸の粘膜、口腔粘膜、毛根の細胞などがあります。
そのため大量の抗がん剤投与で正常な細胞にダメージが起こります。
このように、抗がん剤での脱毛は、このような理由で正常な毛根の細胞がダメージを受けて起こるのです。

脱毛は多くの場合、抗がん剤投与から2〜3週間後に始まります。
そして、治療終了後3〜6ヶ月で髪が生えてきます。
自由に髪をセットするにはさらに時間が必要です。
脱毛の範囲は、全体的、部分的、もしくは全く脱毛のない場合もあります。
また、脱毛は毛髪だけでなく、体毛や眉毛、まつ毛などでも起きる場合があります。

脱毛は病気の進行ではありません。
薬が病気を攻撃している証であるとの心の準備が大切です。

そして、このような脱毛の不安を解消するのが医療用のかつら・ウィッグです。
医師から予想される脱毛や抜け毛の程度の説明を受け、必要ならばかつらの購入を考えましょう。

脱毛対策として、育毛シャンプーや育毛剤などがありますが、抗がん剤の脱毛では帽子や医療用かつらなどが必要となります。
体が回復し元気になった時には、育毛シャンプーなどでしっかりと髪をケアしてください。

posted by 育毛シャンプー at 23:58 | | 薄毛・脱毛